読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ReMix 綾瀬店 blog

~リミックス綾瀬店のあれこれを綴っています~

想うところ。

皆さんこんにちは。ReMix綾瀬店です。

突然ですが・・・、

人にはそれぞれ大小に関わらず転換期があると思います。

それを「ターニングポイント」や「節目」とも言いますね。

私はこのReMixという組織に属して20年目を迎えました。

この業種に携わる人のうち、

起業する方以外で一つに留まる事って凄く稀な方だと思います。

3年目にスタイリストデビューした時代、

属していた店舗だけで先輩スタイリストが10人いました。。。

おかげでこの20年、何十人というスタッフを見てきました。

7人いた同期ももういません(笑)

私自身が環境を変えることに臆病であった故もありますし

ReMixが居心地が良かった事も重なるのかもしれません。

20年目を過ごして思うところは、

これから自分を取り巻く環境の変化にも楽しく過ごせたら

それで満足しようという思いです。

悲観や諦め的な感情ではないですよ(汗)

我々の一番と言っても過言ではない程嬉しいことは、

お客様からのお褒めの言葉だと思うんです。

ただ私の目指す所は、お客様の満足度が一番ではないんです。

お客様がお帰りになり、自宅・職場で周りの方に

「あっ、それいいね!」

って言われた事を報告して下さったときに初めて

自分の目指す所に届いたと思えるんです。

いいね!という言葉を言われたお客様の満足度は

言われたそこでMAXに達してくれると私は考えるからです。

先日これとは別に嬉しい事がありました。

初めてお見えになったお客様で、カウンセリングをさせて頂いた際

まず第一声が「前髪」でした。

カウンセリングの一番重要な事は観察力です。

セット面にご案内してお客様の第一声のポイント、

最初に触ったポイント、この部分を絶対に見逃さないように

気を配っています。

ReMixの大先輩から教わった事の一つに、

お客様の右側ではなく左側にまわれ!です。

人の心理として美的センスは左脳よりも右脳が働くそうです。

左側から入る視覚情報は右脳に作用されるので、

我々の説明や提案がお客様にスムーズに流れ込むのです。

このお客様の第一希望の前髪。

見る限り数年は作っていなかった長さでした。

この場合私の中でプランは一つしかありません!

一発目から前髪に入ります。

1時間程度の短い時間の中で、最後の仕上げに前髪を

作り出してしまうとどんなに上手にカットした前髪であっても

違和感しか残らず、その違和感のままお店を出てしまうからです。

最初にカットすることで見た目に馴染み不安感を取り除けると。

前髪カット後も会話で笑顔が出せれれば

笑顔に似合う前髪となるわけです♪

そしてお帰りの際にサイコーの一言、

「このお店を選んで良かったです!」と。

この先も今の倍近い年月を重ねていく仕事を今と変らず、

今よりも楽しんで出来ていればいいなと思います。

そしていろんな場面で「思うところ」を思うだけで終わらせずに

それを感性へ繋げられる努力をしていこうと考える次第です。

蝶1