ReMix 綾瀬店 blog

~リミックス綾瀬店のあれこれを綴っています~

理論と感性

こんにちは!ReMix綾瀬店のナマイです!

今回も、美容という仕事のお話です。

理容、美容の仕事は手に職をつけるとよく言われます。

技術職です。

ですが、カラーリング、パーマ、ストレートパーマといったメニューは薬剤の知識が必要です。

カラー剤を塗ったり、ロッドを巻いたり、アイロンを操作するという事は技術ですが、イメージ通りの色を出したり、カールを出したり、ストレートにしたりするにはやっぱり理論が必要なんです。

近々、カラー理論を話しに行くので只今資料の製作中です。

座学資料

こうした理論が仕事の裏付けになります。

例えば、「夏のカラーリングはアッシュっぽくしたい!」とお客様から言われた時、ただ単にメーカーのアッシュ系の薬剤を塗るのではなく、お客様の髪を見てその薬剤に何を足せばいいのか考えます。

考えて狙って仕事をしたいし、ReMixのスタッフにはそういう仕事をして欲しいと思っています。

そして大切なのが感性です。

感性というと感覚で仕事をしているイメージで、感性と理論って反するものだと思われがちですが、感覚も「なぜそう思ったのか?」を突き詰めていくとやはりバランスなどの理論(黄金比など)に行き着く様な気がします。

私も、仕事(特にカット)をしている時はあまり深く考えません。

この長さがいい感じかな、と思って切っています。

それを後輩に説明する時に理論が出ます。

理論の上に感性がのっかている感じがしますし、かといって感性が理論に縛られているって感じでもありません。

思い切ったカットのデザインを考える時はバランスの理論があるからこそ出来ます。

感性と理論、どちらも大切にして仕事をしていきたいと感じています。