ReMix 綾瀬店 blog

~リミックス綾瀬店のあれこれを綴っています~

男のロマン

男のロマンとは何か?

と聞かれたら今の私はこう答えるでしょう、

「滝」と。

あの水の流れ落ちる様を見ていると飽きない。

ずっと見とれてしまう。

何なんでしょうか?あの時間を忘れる感覚は?

心理学的に調べると滝が好きな人は助平とかありそうですけど。

と言うわけで今日は写真におさめた名瀑を見ていただきましょう!

(どうでもいいことですがこの名瀑の瀑と言う字が全く変換で出てこないので仕方なく部首引きで

 見つけました。ほんと、どうでもいいことなんですが)

先ずは「白糸の滝」

これはAYASE-STAFFのKっじ~の実家近く、静岡県富士宮市のあります。

しかもこの滝の上には川がないんです。つまり湧き水で出来てる滝なんです!!

そう考えるとけっこうビックリでしょう!

白糸の滝

お次は「音止めの滝」これは白糸の滝の隣にあります。

白糸の滝を見に行く時はまずコッチが先に目に入ります。

天気がいいとこんなにも虹がはっきりと見えます。

音止めの滝

つづきまして「吹き割りの滝」群馬県沼田市利根町にあります。

東洋のナイアガラと呼ばれています。写真ではきちんとした全体像が

うまく見せれないのが残念です。

ちなみに周りにあるお土産屋さんで物を買うことによって駐車場代が無料になります。

吹き割の滝1

さらに「鱒飛の滝」 吹き割りの滝の遊歩道を歩いていくと見れます。

この遊歩道なんですがもの凄く自然の地形を活かした遊歩道で

修学旅行生で調子に乗ってる子は滝に落ちます。

鱒飛の滝

さらに続きますは華厳の滝これはもう有名所なので説明はいらない位です。

が、一応、日光にあります!

エレベーターで下りていって間近で見るのも迫力があっていいのですが、

いろは坂の途中の明智平から見ると中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝

見れます。とくに紅葉時や雪がかった時などは幻想的で素晴らしいです。

華厳の滝

ちなみに冬の雪が降ったときの日光観光はすべてが違った雰囲気で乙です。

最後は「裏見の滝」これも日光にあります。

滝を裏側から見れて滝の裏には観音様がいます。(何観音かは忘れました)

残念ながら今は安全のため滝の裏に行く木組みは通行止めになっています。

裏見の滝

日光にはたくさんの滝があり霧降高原から二時間半くらい歩くと

「日光隠れ三滝」などもありこれも紅葉シーズンに行きたいポイントです。(もう終わっちゃいましたが)

さて、男のロマンとは何か?と言うテーマで滝を見てきましたが、

皆さん、ロマンは感じましたか?

あ、あと「ダムの放水」もいいですね。

皆さんにとっての「ロマン」とは?何でしょうか?

                             記事担当 NAM