ReMix 綾瀬店 blog

~リミックス綾瀬店のあれこれを綴っています~

どこから物を言ってるでしょうか?

ニュース時事です。

本日のテーマはこれ↓

-------------------------------------------------------------------------------

事故米転売>太田農相、事態軽視?「じたばた騒いでない」 9月12日20時14分配信 毎日新聞

 太田誠一農相は12日、衛星放送「BS11デジタル」の番組収録で、汚染米の転売問題に関連し「(汚染米から検出されたメタミドホスは)低濃度で、人体への影響はないと自信をもって言える。だから、あまりじたばた騒いでいない」などと発言した。

-------------------------------------------------------------------------------

はい、出ました!この発言!

「(汚染米から検出されたメタミドホスは)低濃度で、人体への影響はないと自信をもって言える。」

だって。

なら、農相自ら食せばよい!!

所詮は自分が被害にあってないから言えるようなこと、つまり他人事なのです。

問題は汚染米を騙して売ってたということ、

更に問題はメタミドホスは日本では3~40年前から農薬としては禁止されていて製造も禁止!

その様な米を輸入して、しかもそれを民間に売った政府が問題でしょう!

日本の農家では禁止されている農薬なのに輸入の際には基準値を設けている???

ナゼ?? ドウシテ???

日本では危険だから使用も製造も禁止されてるのに輸入物には基準があるのでしょうか?

この基準は中国からの輸入を視野に入れた基準値なのです!

(しかも現在では中国でも使用は禁止されています)

つまりこの基準値を設けることの意味することは

日本国民が食べる輸入品の中には(日本では使用禁止の)メタミドホスが入っていても仕方がない!

日本国民の食の安全よりも中国の顔色の方が大切である!ということですよね。

BSEの時には対策本部ができて全面輸入禁止になったのに(市民団体も大騒ぎ)、

毒餃子の時にはかなりの犠牲者が出たのに対策はなし、

昨年の段階で毒餃子中毒者が出ていたのに

2ヶ月以上も売り続けたJT、コープにはお咎めなし!!

マスコミはよほど北京オリンピックの放送権が欲しいのか

騒いだだけでその後の(確信についての)追及はほとんどなし!

なーんか、見えちゃいましたね、対中国産輸入品に関する政府の姿勢が。

人体に影響がないなら事故米の輸入を許した政治家、官僚、役人が自ら食せば良い!!

それなら農相のあの発言の説得力もちょっとはでるでしょう。

勿論、私は茨城産コシヒカリしか食べませんが。  記事担当 NAM